• インプラントについて
  • インプラント治療例
  • インプラントについて
  • インプラント治療例

四条烏丸ペリオ・インプラントセンターについて

医院概要

医院名 四条烏丸ペリオ・インプラントセンター
(四条烏丸歯科クリニック)
院長名 宮本泰和(みやもとやすかず)
院長のプロフィールはこちら
ドクター 宮本泰和
尾野誠
澤田義勝(矯正専門医)
所在地 〒600-8007
京都市下京区四条通高倉西入る76番地 アソベビル3F(大丸正面)
TEL/FAX Tel. 075-253-6487  Fax. 075-253-6490
診療項目 歯周治療・インプラント・審美歯科・歯科全般
診療時間 月~金曜日 9:30~13:00 14:00~18:00
土曜日    9:30~13:00 14:00~17:00
休診日 日曜・祝祭日
主な設備 歯科用CT、歯科用レーザー、インプラント手術室、笑気麻酔装置、AED、パルスオキシメーター、レーザーうしょく診断装置(ダイアグノデント)

アクセス

35.003862,135.76198009999996

四条烏丸ペリオ・インプラントセンター
〒600-8007
京都市下京区四条通高倉西入る76番地 アソベビル3F(大丸正面)

35.003862,135.76198009999996

  • 地下鉄四条駅・阪急烏丸駅より徒歩2分、地下道15番出口からすぐ
  • 京阪四条駅より徒歩10分ぐ
  • 四条高倉バス停すぐ

院内紹介

受付

待合室

診療室

受付 待合室 診療室
ご来院いただいた患者様がリラックスでき、また診察までの待ち時間をできるだけ短くするよう、スムーズな受け付けを心がけています。 静かで明るい雰囲気の待合室で、雑誌などをご覧になりながらお名前をお呼びするまでゆったりとお過ごしください。 個々の診察台が仕切で分けられているので、ほかの患者様と顔を合わせることなくプライバシーを保って安心して治療を受けられます。

個室診療室

オペレーションルーム

CT

個室診療室 オペレーションルーム CT
外科手術を受けていただく患者様用に、個室診療室をご用意しております。安心して手術を受けていただけます。 生体モニターや麻酔装置など、外科手術のために最新の設備を備え、また使用する機器の滅菌はもちろん、室内の除菌も確実に行うことで術中の細菌感染を抑えています。

レントゲンではよくわからない箇所でも、CTで3次元的に検査することでよりくわしい情報が得られ、確実で正確な治療が可能になります。

詳しくはこちら

カウンセリングルーム

笑気吸入鎮静器

口腔内カメラ

カウンセリングルーム 笑気吸入鎮静器 口腔内カメラ
術前検査の結果を踏まえたうえで、患者様の症状やご希望に合った治療プランを作り、ご説明いたします。また治療に関してのご相談やカウンセリングを行います。 麻酔作用は余り強くなく、効果としては、恐怖心や不安感が薄れ周りのことが余り気にならなくなるので、痛みを感じにくくなります。小児や恐怖心の強い方だけでなく、心臓疾患や脳血管疾患のある高齢者の方にも使用できます。 撮影した映像を一緒に確認しながら歯や顎の状態などのトラブルの症状をご説明し、治療法を決めていきます。

拡大鏡

拡大鏡
拡大鏡を使用することによって、肉眼では見ることのできない歯の細かい凹凸や隠れた根管、補綴物の装着状態など、さまざまなことが確認できます。診断能力が大幅に向上し、より精密な治療を行うことができるようになります。

自費修復物の保証について

当院では最新の科学的根拠に基づいて治療を行っておりますが、自費治療した修復物に万が一トラブルが発生した場合は、使用期間に応じて再度治療のやり直しや修理又は別の治療法を検討したいと思います。修復物装着後2年以内は当院100%負担とし、以後は下記の表の割合で当院が負担致しますが、10年経過以降は保証対象外となります。

最終補綴物装着後 当院負担額 患者様負担額
2年以内 100% 0%
2年以上3年未満 80% 20%
3年以上4年未満 70% 30%
4年以上5年未満 60% 40%
5年以上6年未満 50% 50%
6年以上7年未満 40% 60%
7年以上8年未満 30% 70%
8年以上9年未満 20% 80%
9年以上10年未満 10% 90%
10年以上 0% 100%

保証対象外となる場合

1.当院で提示した治療計画以外を希望される場合

2.指示通りにメインテナンスに起こしいただけない場合

3.指示通りのブラッシングを続けていただけない場合

4.他の治療の必要な虫歯や歯周病を放置した場合

5.修復物に過度の力が加わる使用をした場合

6.不慮の事故による修復物の破折や口腔内組織の大きな損傷の場合

7.口腔に悪影響を与える重大な疾患の発症および悪化の場合

8.他医院での再治療をご希望された場合

9.喫煙をされる方は保証期間を5年とさせて頂きます

補足事項

1. 再治療の自費料金が今回お支払いいただいた金額を上回る場合、その差額分はご負担いただきます。また、再治療時発生する保険治療の健康保険自己負担分は対象外とさせていただきます。

2. 修復物とはインレー(詰め物)、クラウン(冠)、ブリッジ、インプラント、義歯のことです。

歯科用CTの重要性

CTとは

CTとは

CTとは、「Computed Tomography」の略で、コンピュータを利用したデータ処理と画像の再構成で断層写真を得ることができる装置です。顎骨や根管、歯周組織などについて3次元の高画質画像情報を得ることができますので、従来のX線検査では不可能であった正確な診断が可能です。
当センターでは主にインプラントの埋入位置の計測や確認に使用しております。
CTを用いることで、従来と比べて診断が非常に正確になり、さらに3次元画像で形態や位置関係を知ることができますので、治療・手術を的確に安全に、しかも短時間で行うことが可能です。

当センターにおけるCTのメリット

これまではCTによる診断を行う場合、大きな大学や病院に依頼する必要があり、診断結果が分かるのに時間がかかっておりました。当院でCT装置を導入することにより、すばやく診断結果を得ることができるようになりました。また、医科用のCT装置と比べて歯科用のCT装置は被爆量が非常に少ない(約10分の1)のも特徴です。

歯科用X線CT(3DX FPD8)による画像診断のご案内

当医院では3次元画像診断装置「3DX FPD8(歯科用X線CT・モリタ社)を設置し、先生方に3次元画像をもとに患者さんの診査、診断及び治療方針の決定などで広くご利用いただいているシステムを準備しております。

本システムは、先生方の患者さんに当医院を来院していただき、当医院の3DX装置を用いて、ご依頼を受けた(診断が必要な)部位の3次元CT撮影を致します。撮影終了後の画像データーはCD-ROMにし先生のコンピューターで閲覧・計測可能な簡易ソフトウェア(ワンデータービュアープラス)を添付してお渡し致します。

撮影お申込み方法

お申込み

撮影をお申し込みいただく際には、まず当医院に電話にてご連絡いただき、撮影の日時を決定してください。また、患者さんに十分ご説明いただき、ご理解いただくようご協力をお願いします。

矢印

撮影依頼書の記入

3DX撮影依頼書をコピーして患者名・病名・撮影部位・撮影目的・および問題点がありましたら、これまでの経過や治療歴などを簡潔にご記入してください。

矢印

患者さまの来院・撮影

撮影日には、その3DX撮影依頼書を持たせて患者さまを当医院に来院させて下さい。また、撮影部位のデンタルあるいはオルソパントモ写真などもあればあわせて持参させて下さい。撮影時の参考になります。持参した写真は患者さんにお返しします。
※別の方法での返却はご指示ください。

矢印

お申込み

撮影をお申し込みいただく際には、まず当医院に電話にてご連絡いただき、撮影の日時を決定してください。また、患者さんに十分ご説明いただき、ご理解いただくようご協力をお願いします。

矢印

撮影データのお渡し

撮影結果は、診断上重要な画面をプリントアウトするなど、先生方の指示された確認しやすい形でお渡しいたします。

【注意】

先生が患者さまと一緒に来院され、直接画像を見て診断する事も可能です。その際は、電話予約の際にご連絡ください。
診断ステント装着時、TEKの除去など診療台で処置を行う必要があると思われる場合も、必ず事前にご連絡ください。
撮影依頼されたデータは個人情報保護の問題もあり、ご依頼医院に到着後日で消去いたします。ご了承お願いします。
撮影時間は1回約18秒ですが、コンピューターでの撮影確認作業によって全体で15分から30分程度を見込んでください。
撮影時はピアスやネックレスのような金属は事前にお外しください。
撮影は当医院の開院時間内は全て可能です。
都合によりキャンセルの場合、事前に電話でご連絡ください。

依頼書のダウンロード
  • 撮影依頼書
  • 撮影依頼書の記入法
  • 撮影データが届いたら
3次元画像診断とは

3次元的診断とは、水平断像(咬合面断像)、横断像(矢状断像)、縦断像(前頭断像)の観察が可能で、従来のX線検査では不可能であった顎骨、根管、歯周組織、顎関節、顔面部、などの繊細情報を得ることができ、病体及び解剖学的位置関係を明らかにすることが出来ます。
臨床的には、インプラントの埋入位置の計測、確認、根管治療時の病巣の大きさ、根管方向、歯周病による歯槽骨の状態の把握などに非常に有効です。
本システムを用いることにより、診断が著しく正確になり、更に3次元的に対象部の形態や位置関係を知ることが出来ることから、治療及び手術を適切に安全にしかも短時間で行うことが出来ます。

3DX FPD8の特徴
高画質 診断に必要な画像情報を高精細な画質でお届けします(従来のCT撮影に比べ8倍の解像度を有します)
低照射線 D感度フィルムデンタルレントゲン約3枚分(Φ40×H40mmの場合)で患者さんに優しい装置です。
撮影範囲 広い撮影領域Φ80×H80mm、Φ60×H60mm、Φ40×H40mmの切替式で、領域が広くなっても高解像度を維持します。
※約90% の症例はΦ40×H40mmの撮影領域で対応できます。
ワンデータービュアー 撮影後のデーターはワンデータービュアーの形でお渡しします。ワンデータービュアーにより、専用ソフトを所有しておられない先生方にもお手持ちのパソコンで3D画像を得ることが出来ます。またより高度な処理が出来るビュアーソフト3D i-VIEWへの出力も出来ます。(既に3DXビュアーソフトをお持ちの先生で、当院のデーターを快適にご使用いただくためには、コンピューターのメインメモリー1GB以上、3DXビュアーソフトVer.1.61以上を推奨いたします。

※その他の形式で画像データーをご入り用の方はご相談下さい。

適応症例

【1.インプラント治療のための顎骨・顔面部などの診査】

顎骨状態(骨量、骨緻密性、緻密骨と海綿骨の広がりなど)の把握、神経と脈管系(下顎管、頤孔、切歯孔など)の位置、上顎洞の状態、ステントを用いた埋伏位置の検討および決定

【2. 歯内療法における診査】

難症例における根管の状態、頬舌的な湾曲、根尖病巣と根管との関係、異物の位置などの診査・診断

【3.歯根破折の診査】

破折の位置、破折線の走行、周囲の骨吸収、根管の状態、パーフォレーションなどの診査・診断

【4.歯周病の診査】

歯槽骨吸収の3次元的(立体的)診断、根分岐部病変と歯周病変の合併状態の診査・診断

【5.抜去予定歯の診査】

埋伏歯、埋伏智歯の3次元的な位置と方向、歯根形態、下顎管との関係などの診査

【6.顎関節の診査・診断】

下顎頭と関節窩の3次元的(立体的)形状と位置関係の診査・診断

【7.矯正の歯軸の診査・診断、インプラントアンカー植立の診査・診断】

矯正時の歯牙の3次元的な位置と方向、インプラントアンカーの埋入位置の診査・診断

【8.移植・植歯における診査・診断】

移植部位の歯槽骨の状態の診査、移植歯の状態、幅計の計測、再植歯の歯根の診査

【9.顔面部の腫瘍・膿胞・骨折などの診査・診断】

治療に関するお問い合わせ・ご相談はこちらから