インプラント

歯列・咬合不正の症例

インプラント 10代, 女性
主訴 永久歯の先天性欠如、乳歯の残存、および歯列不正。歯列矯正およびインプラントによる咬合の回復を希望。
診断・処理 矯正専門医による矯正治療後、インプラントによる咬合機能回復
来院の経緯 京都の大学に進学。地元の歯科医院からの紹介。

初診時の状態。

矯正専門医と相談し、現在の永久歯を適正な位置に移動しています。

永久歯が適切なポジションに移動した後、乳歯を抜歯してインプラントを植立しました。 この後、最終補綴物(セラミック・クラウン)を作製しました。

治療終了時の状態。矯正治療、インプラント治療、補綴治療を含めて約4年間かかりましたが、 審美的・機能的な結果に患者様も非常に満足しておられます。

初診時と治療終了時のレントゲン写真の比較です。 インプラント治療費(インプラント25万円〜、アバットメント5万円、セラミッククラウン15万円) 治療のリスク:一時的な術後の腫脹や疼痛、内出血(個人差があります) *顎骨の状態により歯槽骨増大などの追加の処置が必要になることがあります。 矯正治療:本ケースは、提携している矯正治療の専門医を紹介しました。

戻る