歯周病

歯肉退縮の症例

歯周病
主訴

歯肉が下がってきた。

診断・処理

歯肉退縮、歯質の磨耗

歯肉が下がってきたことを主訴に来院されました。

口蓋から歯肉(結合組織)を採取し、露出根面に移植しました。

 

術後1年の状態です。歯肉は安定し経過は良好です。
摩耗した歯の表面にはコンポジットレジン(CR)修復を行いました。
審美的に改善され患者様も非常に満足されています。

根面被覆・結合組織移植・歯肉弁歯冠側移動術・エムドゲイン

戻る