根管治療

精密根管治療1

根管治療

40代女性

主訴

右下の歯ぐきに違和感がある。

診断・処理

慢性根尖性歯周炎

来院の経緯

他院で右下第2小臼歯の根管治療を行ったが、治療後痛みが続くためセカンド・オピニオンとして当院を来院。

マイクロスコープ下での精密根管治療を行いました。
レントゲン写真で器具が到達しているかを確認しています。

 

 

治療の結果、痛みや違和感が消失したため根管充填(根の中のスペースを緊密に封鎖すること)しました。根管治療中は、ラバーダム防湿(ゴムのシートで治療する歯以外を覆い、唾液などによる感染を防ぎます。)根の先まで充填がなされているかをレントゲンで確認しています。
写真上で側枝(枝分かれした根の管)まで緊密に充填されているのが確認できます。

治療後2年半。根の先にあった影や不快症状は消失しています。
根管治療後は、グラスファイバー土台をたて、ジルコニアセラミッククラウンを装着しました。

治療期間:約2ヵ月

治療費:精密根管治療(¥64,800) 

治療のリスク:特に無し。非外科的根管治療で改善がみられない場合は、外科的根管治療が必要な場合があります。

戻る