インプラント

インプラント治療例1

インプラント

48歳 男性

主訴

前歯の動揺

診断・処理

保存不能、抜歯

来院の経緯

10年前に治療した前歯がグラグラするので診てほしいとの事で来院されました。

48歳の男性です。10年前に治療した前歯がグラグラするので診てほしいとの事で来院されました。

診断結果で歯根に歯折線が認められ、残存歯質にもカリエスを認めましたので保存不能と判断し抜歯となりました。

両となりの天然歯が虫歯もなく綺麗な状態でしたのでインプラント治療を選択しました。写真はインプラント手術、直前の状態です。

術後の状態です。上部構造にはオールセラミッククラウンを選択しました。自然な仕上がりに患者さんも大変満足されていました。

術後のレントゲン写真です。安定した状態が確認できます。

戻る