インプラント

インプラント治療例2

インプラント

72歳 女性

主訴

痛くて噛めない

診断・処理

重度の歯周病

来院の経緯

以前ブリッジを装着していましたが歯周病により抜歯となったとの事でした。 その後部分床義歯を装着するも痛くて噛めない為、左下欠損部にインプラントを希望して来院されました。

72歳女性です。以前ブリッジを装着していましたが歯周病により抜歯となったとの事でした。 その後部分床義歯を装着するも痛くて噛めない為、左下欠損部にインプラントを希望して来院されました。 左下欠損部の歯槽骨の高さは十分にありましたが、幅が不足していましたのでインプラント埋入と同時と歯槽骨増大術を行う計画を立てました。 また他の部位も重度~中程度の歯周病を認めましたが歯周組織再生療法を併用して治療を行いました。

術後の写真です。インプラント埋入、補綴治療前歯部は部位的な矯正治療を行いました。上部構造にはセラミッククラウンを選択しました。 患者さんは長い間義歯で苦しんでおられましたがインプラント治療を行った事で何でも食べられるようになったと大変喜んでおられました。

戻る