インプラント治療例4

36歳 女性、前歯部の歯列不正を主訴に矯正歯科を受診した所、歯周病専門医を勧められ、当院に来院されました。 保存不可能な歯を抜歯し、インプラント治療を行ないました。 全顎的に歯周病が進行していましたので再生療法で歯周病の治療を行いました。 前後の歯を削ってブリッジでの対応も検討しましたが出来るだけ綺麗な自分の歯は削りたくないと言う患者さんの希望を叶えるためインプラント治療を選択しま した。

implant_51

implant_52

インプラントを埋入し、仮歯の装着後、最終の型取りをしました。

implant_53

治療前後口腔内写真の比較です。

implant_54

スマイル時も自然な口元になり、患者様も満足されました。

implant_55

術後のCTによる評価では、インプラント周囲に十分な骨を認めます。

戻る