歯周組織再生療法

perio_22

だんだん歯と歯茎の隙間が広くなってきたので直してほしいとの事で来院されました。 診断の結果若年性歯周炎が成人性歯周炎に移行してきている状態と判断しました。 初期治療後、ブラッシング指導を行った後全顎的に歯周組織再生療法を5回に分けて行いました。

perio_23

来院時のレントゲンです。

perio_24

再生療法の治療後、歯列不正の対応として全顎的な矯正治療を行いました。

perio_25

矯正治療後の写真です。 再生療法と矯正治療を併用した事により1本の歯も抜くことなく治療することができました。 わずかに歯茎の隙間が認められますが患者さんは大変満足されていました。

perio_26

術後のレントゲン写真です。初診?のレントゲンと比較して再生療法後の歯槽骨の再生が確認できます。

HP.002

レントゲン的に顕著な骨再生を認める左下の奥歯

治療前後の比較です。

 

戻る