• インプラントについて
  • インプラント治療例

インプラントについて

インプラントとは

インプラントとは

虫歯や歯周病の悪化、事故や外傷によって歯を失ってしまった場合、入れ歯やブリッジ、インプラントによって歯の機能を回復する必要があります。それぞれの治療にはメリット・デメリットがありますが、その中でも近年、人気が高まっているのがインプラントです。

入れ歯やブリッジは、噛み心地や装着感、見た目に不満を感じる方もいらっしゃいました。インプラントは顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、天然歯のように白くて透明な人工歯を取り付けることで、違和感なく噛むことができ、見た目も自然なことが特徴です。

インプラントの構造

インプラント治療では、チタン製の人工歯根(インプラント)を顎の骨(歯槽骨)に埋め込みます。チタンは強度があり、生体親和性が高いため、しっかりとメインテナンスをすれば長期間に渡って自然な噛み心地を維持できます。ブリッジや入れ歯のようにまわりの歯に負担をかけることもありません。また、人工にはセラミックを使うので本物の歯のように仕上げることができることもメリットでしょう。

インプラント治療手順

問診(カウンセリング)と検査、診断と説明

問診(カウンセリング)と検査、診断と説明

問診・カウンセリングを行います。気になることがありましたら、遠慮なくお話しください。その後触診、レントゲン写真、口腔内写真などの検査を行います。

矢印

診断と説明

診断と説明

検査結果から診断を行います。その診断結果をもとに治療方針を立案し、ご納得いただけるようわかりやすくご説明します。わからないことがありましたら、遠慮なくおたずねください。

矢印

インプラント埋入前処理

口腔内を徹底的に清掃します。また、虫歯や歯周病が見つかった場合には優先して治療も行います。顎の骨の厚みが足りない場合は、歯周形成外科で骨造成を行い十分な厚みを確保します。

矢印

一次手術(インプラント埋入手術)

一次手術(インプラント埋入手術)

口腔内の状態が整ったら、インプラントの埋入手術を行います。術後は仮歯を装着してインプラントが定着するまで待ちます。

矢印

二次手術(頭出し手術)

二次手術(頭出し手術)

個人差がありますが、一次手術から下顎では2~4ヶ月、上顎では6~12ヶ月後にインプラントの定着が確認できたら、補綴物のための土台を作り仮の補綴物を装着します。

矢印

補綴物の装着

補綴物の装着

インプラント上部構造(人工歯)のための型をとり、これをもとに補綴物を作ります。新しい補綴物ができたら装着して噛み合わせの調整を行います。

矢印

メインテナンス

装着した歯を長く健康に保つためには、定期的なメインテナンスは欠かせません。定期検診で普段のブラッシングでは落としきれない汚れを取り除き、インプラントの状態をチェックしてもらうことで長く使用できます。

インプラントを断られた方へ

インプラント治療を行うには、インプラントを埋め込むことができ、固定させられるだけの十分な顎の骨の厚みや量が必要です。そのため、もともと上顎の骨が薄い方、重度の歯周病などで顎の骨を失ってしまった方は、インプラント治療を断られてしまうこともあるでしょう。ですが、あきらめる必要はありません。特殊な治療を行うことで、顎の骨を再生できるのです。

当センターでは顎の骨を回復させる治療を行っています。「顎の骨が薄くてインプラント治療ができない」と他院でいわれてしまった方も、お気軽にご相談ください。

GBR法

GBR法(骨再生誘導法)は、歯周病などにより骨が失われた部位に対して行われる治療で、GTR法と同様にメンブレンを張ることで骨の再生を図る治療法です。この治療法によりインプラントに必要な量の顎の骨を確保することが可能になります。

GBR法

GBR法

GBR法

ソケットリフト

上顎臼歯部の骨に十分な厚みがない場合、インプラント治療はできません。そこで上顎洞底(鼻の奥にある空洞の底部)に骨移植を行い十分な骨の厚みを確保する治療法が上顎洞底挙上術です。この方法で不足した骨を補うことでインプラント治療を可能にします。

ソケットリフト

ソケットリフト

ソケットリフト

サイナスリフト

ソケットリフト同様、上顎の骨の厚みが足りない場合に採用する治療法です。上顎洞と上顎との距離が近すぎてソケットリフトが行えないほど骨が足りない場合に行います。上顎洞を覆う粘膜を剥がして持ち上げ、上顎の骨との間に隙間をつくり、その隙間に骨の素になる物質(自家骨など)を入れて十分な骨を確保します。

サイナスリフト

サイナスリフト

サイナスリフト

四条烏丸ペリオ・インプラントセンターのインプラント治療

インプラント治療はここ数年でかなり一般的になり、対応する歯科医院が増えています。しかし、治療に伴うトラブルが増えているのも事実です。トラブルの原因としては歯科医師と患者様とのコミュニケーション不足、不十分な歯周病治療などが考えられます。歯周病が原因で失った歯の周囲は歯周病にかかっている可能性が高いので、治療でお口の中から歯周病菌を完全に取り除き、健康状態でインプラント治療を行う必要があるのです。

また、当センターでは25年を超える確かな治療実績をもとに、シムプラント(Sim Plant)やCTといった最新機器を使った検査結果から導き出した治療方針を患者様に十分ご納得いただいたうえで治療を始めています。さらに、院内に歯科技工所を併設しているので、上部構造や補綴物の品質が高く、調整などもスピーディに対応できます。

インプラント治療例はこちら

治療に関するお問い合わせ・ご相談はこちらから