外科処置を行わず歯茎のラインを整えた審美症例

根管治療のやり直しと金属を使わないファイバーポストにより土台を作り、セラミッククラウンを装着しました。

 

e038d2a8fb9ba08ce94f58f974fb7600

be8193f2699e5b55bf14a199ab720205

左右の歯茎のラインの違いは、セラミッククラウンの境界部の形を工夫する事により、手術無しで揃える事ができました。

戻る