• 歯周病について
  • 歯周病症例

歯周病について

このような症状はありませんか? 歯周病セルフチェック

このような症状が1つでも当てはまるようなら、歯周病に感染している可能性がありますので、歯科医院での検診をおすすめします。

  • ブラッシングのときに、歯ぐきから血が出る
  • 口臭がきつくなった気がする
  • 朝起きると、口の中がネバつく
  • 歯ぐきが赤く腫れている
  • 歯が長くなったように見える(歯ぐきが下がったように見える)
  • 歯に隙間ができ、食べ物がよく挟まるようになった

歯周病は怖い病気です

歯周病は怖い病気です

歯周病は細菌による感染症で、自覚症状がほとんどなく、気づかないうちに進行してしまう怖い病気です。同じ感染症の虫歯は歯自体が溶けてしまいますが、歯周病は歯を支えている歯ぐきや歯根膜、歯槽骨などに炎症が起きることが特徴。そして歯を支えている組織が溶かされ、進行すると顎の骨まで溶かして歯が抜け落ちてしまう可能性もあります。

歯周病はとても身近な病気で、日本の成人のおよそ8割が感染している、または予備軍だといわれています。さらに日本人が歯を失う原因で一番多いのも歯周病です。

全身の疾患を引き起こす原因にも・・・

全身の疾患を引き起こす原因にも・・・

※画像をクリックすると

拡大表示されます。

歯周病は虫歯と同様に感染症です。その原因になる細菌は、歯や歯ぐきの間に残った食べカスや歯垢(プラーク)、歯石に潜んでいます。そこで、まずは正しいブラッシングを覚え、お口の中を清潔な状態に保つことが大切です。そのほか、修復物や噛み合わせの不良、歯ぎしりや食いしばり、喫煙、ストレスや不規則な生活なども原因になります。

また、歯周病は全身疾患や生活習慣にも深く関係していることがわかっています。歯周病菌が血管から全身に広がると、糖尿病や心疾患、肺炎、骨粗しょう症などの病気を引き起こす原因にもなり、妊婦さんの場合は低体重児出産や早産のリスクも高まるという研究結果があります。そのようなトラブルを減らすためにも歯周病の早期発見・早期治療に加え、お口の環境を整えることが大切です。

喫煙と歯周病の関係性

喫煙をするとニコチンの作用によって血管が収縮し、血流量が低下してしまいます。この作用によって歯ぐきなどに血液がいきわたらず、再生能力や免疫機能が低下。歯周病リスクは非喫煙者の5~7倍にもなってしまうという研究データもあります。

非喫煙者の健康な歯周組織

非喫煙者の健康な歯ぐき

喫煙者の歯周炎

喫煙者の歯ぐき

四条烏丸ペリオ・インプラントセンターの歯周病治療

歯周病の検査

歯周病治療にあたっては、まず検査を行い、進行状況をしっかりと把握する必要があります。当センターでは、以下の検査で歯周病の状況を把握してから治療を開始します。

ポケット検査

ポケット検査

歯と歯肉の間の溝「歯周ポケット」の深さを調べる検査です。「プローブ」という器具を使ってポケットの深さを測定します。ポケットの深さや出血が見られるかどうかで歯周病の程度を判断します。

歯の揺度検査

歯の揺度検査

歯をピンセットでつまんで動かします。健康な歯でも多少は動くことはありますが、歯周病が進行するにつれてグラつくようになるので、その度合いを調べます。

歯の出血検査

歯の出血検査

歯周ポケットにプローブを入れ、歯からの出血がないかチェックします。

レントゲン検査

レントゲン検査

歯周病は重症化するほど顎の骨が溶けてなくなります。レントゲン写真で肉眼では見えない顎の骨の状態を確認することで、歯周病の進行度合いを確認します。

口腔内写真の検査

口腔内写真の検査

歯や歯肉の状態をカラー写真で撮影、記録し診査します。

歯周病の治療

歯周病治療は、その進行程度によって異なります。

プラークコントロール(ブラッシング指導)

軽度の歯周病の治療には、プラークコントロールが重要です。歯科衛生士による正しいブラッシングの指導を受け、自宅で適切なセルフケアを行いましょう。

矢印

スケーリング・ルートプレーニング(歯石除去)

歯周病が中程度に進行している場合は、専門の器具を使って、ブラッシングでは取ることのできない歯周ポケットの奥にあるプラークを取り除く治療を行います。

矢印

予後不良歯の抜歯

重度に進行してしまった歯周病の場合は、周囲の歯に悪影響が及ぶのを阻止するためにやむなく抜歯する場合があります。抜歯後は放置すると歯周病が周りの歯にも広がる可能性があるためインプラントなどによって治療します。

矢印

フラップ手術

スケーリングやルートプレーニングで除去しきれなかったプラークを外科手術で取り除きます。症状に応じてさまざまな方法がありますが、代表的な方法は歯肉を切開して歯根の先や歯根の間にこびり付いたプラークなどを除去します。

矢印

補綴処置(義歯、ブリッジ、インプラント)

補綴(ほてつ)とは、歯周病などの治療を行った後にクラウン(歯冠・被せ物・差し歯)や、歯の欠損を義歯(入れ歯)・ブリッジなどを用いて修復する治療をいいます。また、審美歯科治療やインプラント治療も補綴処置に含まれます。

矢印

メインテナンス(定期検診)

歯周病などの治療が終了しても、再発させないためには、日ごろの丁寧なブラッシングはもちろんのこと、定期的に検診を受けることが大切です。1年に1~2回の定期検診を習慣付けることは、虫歯や歯周病の予防や早期発見に効果的です。家庭でのケアに歯科医院でのケアを組み合わせて、美しく健康な歯を守りましょう。

歯周病治療の例

歯周病治療例はこちら

治療に関するお問い合わせ・ご相談はこちらから